MMCDイメージ
コンソシアムとは?イメージ
イメージ
マップイメージ
マップイメージ


ボタン_ホームページへ
イメージ
about the consortium
組織・役員
ボタン_会の規約
ボタン_入会案内



コンソシアムとは?

MMCDコンソシアムの活動目的と沿革:

イメージマルチメディアCDコンソシアムはCDファミリーの一つであるビデオCD,スーパービデオCDに関する技術情報、テストディスク、マーケットロゴ、DVDのタイトル製作に関わる情報と会員のネットワーク作り、DVDマーケット情報の提供を通じて会員のビジネスに直接役立つ環境を整える為に活動しています。またコンテンツ製作と密接な関係を持ちはじめた著作権法についても「デジタル時代の著作権協議会(CCD)」の一員として文化庁とも密接な関係を保持しながら勉強をして参りました。「活動」のページを参照して、当コンソシアムの活動に参画されるよう希望します。

沿革:

MMCDコンソシアムは、1991年3月インタラクティブなデジタルテクノロジーの走りであったCD-iの普及を目的として設立された任意団体です。その後1993年6月フィリップス、ソニー、松下電器産業、日本ビクターにより発表されたビデオCD規格(White Book Ver.2.0)の普及に努めテストディスク、マーケットロゴの配布などを行っています。

1997年4月には日立製作所も参画した、インターネットとビデオCDを組み合わせた「ビデオCDインターネットガイドライン」の提唱は、パッケージメディアと通信を融合する先駆けとなりました。最近では中国で市場が拡大していることに伴い、その発展形態として現れている「スーパービデオCD」の技術情報、テストディスク、マーケットロゴの提供に努めています。DVDの分野ではタイトル製作の課題を中心に会員をサポートする情報を提供すると共に、DVDフォーラムとも協力関係を保持しながらその普及に努めています。近々出版が予定されている"DVDタイトル製作ハンドブック"を使い講座を開設する計画です。 また7年前からの文化庁との関係を活用して、デジタル時代の著作権協議会(CCD)に所属して著作権法の勉強にも力を注いでいます。



コンソシアムとは? English version



About the Consortium


The Multimedia CD Consortium of Japan has its roots
in the CD-i Consortium of Japan, which was set up
in March 1991 with the aim of popularizing
and promoting CD-i. Since then an increasing
number of business enterprises have joined
in the Consortium's activity from a wide variety
of industries including home electronics, music,
publishing, vide, amusement, computers, semiconductors
and distribution.

The Consortium also made its effort to spread
the Video CD Standards (White Book),
announced in June 1993 jointly
by Philips Consumer Electronics N.V.(Royal Philips Electronics),Sony Corporation,
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd,
and Victor Company of Japan, Ltd.
In April of the following year, the CD-I Consortium
of Japan was renamed the current
"Multimedia CD Consortium of Japan".

In April 1997, with Hitachi, Ltd. the five firms
proposed the Video CD Internet Guidelines
aimed at merging the Video CD (package media)
with the Internet technology (communication).
The Consortium took the lead in advocating
the guidelines, thus endeavoring to create
the new market.

The Consortium is striving further for transmitting
information on the DVD which is on an extension line
of the digital disc. As such, on the occasion
of the Summer Forum held in July this year,
the Consortium took up the DVD authoring system
as one of the themes of that forum. The Consortium now
intend to serve as an exponent of the DVD
centered on Q & A in DVD software making.


このページの先頭に戻りたい方は
このボタンを押して下さい
このページのトップへ