プレスリリース


CD-RとCD-RWの普及促進、規格検討活動を一本化
オレンジフォーラムとヨコハマワーキンググループが統合

1997年10月29日
CD-R(追記型CD)の普及促進団体として49社で構成される「オレンジフォーラム」(会長:ソニー株式会社 中島平太郎)と、CD-RW(書き換え型CD)の普及促進団体として31社で構成される「ヨコハマワーキンググループ」(代表:フィリップス社ディレクターオプティカルストレージ Cornelis. Klik )は、10月15日、その組織と機能を統合し、新たに「オレンジフォーラム」(会長:ソニー(株)中島平太郎)の名称で承認され、10月24日より活動を始めました。新しい「オレンジフォーラム」は、CD-RとCD-RWの普及促進、規格検討などを行う団体として、55社で構成されることになります。

統合する理由は、(1)CD-RとCD-RWが、ともにCDファミリーの書き込み媒体として、音楽用CDやCD-ROMとの互換性を重視し、同一の駆動装置で記録・再生される点で共通していること、(2)オレンジフォーラムで開設しているホームページにCD-RWに対する質問が寄せられていること、などから両団体の活動、窓口を一本化するものです。

従来のオレンジフォーラムは、1996年4月に設立され、CD-Rの互換性の検証や高速記録の技術検討、普及活動などを行ってまいりました。

一方、ヨコハマワーキンググループは、1996年10月に活動を開始し、CD-RWの標準化や、関連業界への啓蒙活動などを行ってまいりました。

CD-Rは、1990年に「オレンジブック パートU」により規格化され、以降順次バージョンアップを重ねてきました。音楽用CDやCD-ROMとの完全互換、ディスク価格の安さなどから、ディスクの市場規模は、1996年が7,600万枚、1997年の予測が2億枚(日本記録メディア工業会調べ)と急速に伸びています。

一方、CD-RWは、1996年10月に「オレンジブック パートV」により規格化され、1997年4月から市場に導入されております。CDフォーマットを継承しながら書き換えを実現しており、ディスクの市場規模は1997年の予測が700万枚(ヨコハマワーキンググループ調べ)、さらに今後急速な伸びが期待されています。

≪新しいオレンジフォーラムの会員会社一覧≫

アイワ株式会社
旭化成工業株式会社
株式会社アプリックス
アルプス電気株式会社
株式会社アルメディオ
稲畑産業電気株式会社
イメーション株式会社
株式会社SKC
LG電子株式会社
オンキョー株式会社
九州松下電器株式会社
株式会社クラレ
株式会社ケンウッド
三星電子株式会社
三洋電機株式会社
CMC Magnetics Corporation
シナノケンシ株式会社
セイコーエプソン株式会社
ソニー株式会社(事務局)
大宇電子株式会社
第一化成株式会社
太陽誘電株式会社
ティアック株式会社
帝人株式会社
TDK株式会社
株式会社東芝
東洋レコーディング株式会社
東レ株式会社
日本コダック株式会社
日本コロムビア株式会社
日本電気ホームエレクトロニクス株式会社
日本電気株式会社
日本ビクター株式会社
日本フィリップス株式会社
パイオニア株式会社
パイオニアビデオ株式会社
Hewlett-Packard Company
株式会社日立製作所
日立マクセル株式会社
株式会社ビー・エイチ・エー
富士写真フイルム株式会社
船井電機株式会社
Plasmon Plc.
PRINCO Corporation
松下電器産業株式会社
松下寿電子工業株式会社
三井化学株式会社
三菱化学株式会社
三菱電機株式会社
ミツミ電機株式会社
ヤマハ株式会社
株式会社リコー
RITEK Corporation
株式会社レクサス
株式会社ワイズコーポレーション

(五十音順)

は従来のオレンジフォーラム会員会社
は従来のヨコハマワーキンググループ会員会社
は従来のオレンジフォーラムとヨコハマワーキンググループ双方の会員会社




ご意見、ご感想はオレンジフォーラム事務局まで