オーディオ用CD-R/RWメディアの特徴
 ところで、ここではあえて「オーディオ用CD-R/RW」と断った書き方をしていますが、オーディオ用とPC用とでは、どこか大きく違うところがあるのでしょうか。

 結論から言うと、構造そのものは、PC用もオーディオ用も同じです。オーディオ用だから音質の向上のために特別の色素を塗布しているとか、反射層を変更しているというようなことは、基本的にはありません(趣味としてのオーディオ、つまり感性という点では音質に差があるかもしれませんが)。

 両者で唯一違っているのは、オーディオ用CD-R/RWには、そのメディアがオーディオ用であることを識別するための“オーディオ用アプリケーションコード”がブランクディスクに記録されている点です。コダックのPhotoCDにもこのようなアプリケーションコードが付加されていましたが、こうした識別コードによって、オーディオ用CD-R/RWディスクとPC用CD-R/RWディスクは区別されます。

 オーディオ用の識別コードのないディスクをセットしたとしても(つまりPC用のメディアをセットすると)、オーディオCD-R/RWレコーダ(本節では、オーディオ用を“レコーダ”、PC用を“ドライブ”と区別しています)では、記録ができない仕組みになっています。