トラックアットワンス
 ご承知のように、トラックというのはオーディオディスクの“曲”に相当するものです。初期のころ、CD-Rの使い道を考えたとき、だれもが想定したのが曲単位での追記であり、それがTAOだったのです。

 下図で示しているように、TAOの記録方法は、最初にデータを記録して、それからリードイン、リードアウトを書き込むようになっているのが特徴で、「リードイン→データ→リードアウト」の順で一気に書き込みをするDAOとは大きく異なります。